不登校新聞

219号 2007.6.1

16歳に聞く不登校 「不登校の自分がダメだと思ったことがない」

2017年03月15日 11:54 by koguma


 今回の子どもインタビューは、小学校3年生から不登校になった16歳にインタビュー。彼は家庭で過ごした後、フリースペース「ユニーク」と出会い、現在も通っている。「不登校をしている自分をダメだなんて思ったことがない」と明るく話す阿部くんに、不登校や居場所での活動についてうかがった。

――不登校になったきっかけは?
 小学校3年生の1学期ぐらいだったと思うけど、きっかけは、春休みボケかな。春休みで学校を休んでいて、とくにいじめがあったわけでもないんですけど、その後は何となく行きたくなくなっちゃったんです。春休みで1日中遊んでいられる生活に味をしめちゃったのかもしれない(笑)。でも、しばらくは行ったり行かなかったりのくり返しだった。

 勉強はきらいでしたけど、それよりもきらいだったのは、学校の給食。すごくマズイんですよ。それなのに残すと怒られるし、たくさん食べなきゃいけないわけじゃないですか。何かにつけて無理強いをさせられてたなっていうのは、いま思い出しても、すごい苦痛でしたね。

――不登校をした後はどのように過ごしていましたか?
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

中学3年で不登校になった女性が「好きなことだけ」して見つけた希望

522号 2020/1/15

転機は「ドラクエ」12年間のひきこもり生活が終わるまで

521号 2020/1/1

毎日泣きながら学校へ通い続けた 私が、不登校できなかった理由

520号 2019/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...

521号 2020/1/1

テレビや音楽活動で活躍するりゅうちぇるさん。学校で苦しんできた自身の経験を...

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...