不登校新聞

219号 2007.6.1

16歳に聞く不登校 「不登校の自分がダメだと思ったことがない」

2017年03月15日 11:54 by koguma


 今回の子どもインタビューは、小学校3年生から不登校になった16歳にインタビュー。彼は家庭で過ごした後、フリースペース「ユニーク」と出会い、現在も通っている。「不登校をしている自分をダメだなんて思ったことがない」と明るく話す阿部くんに、不登校や居場所での活動についてうかがった。

――不登校になったきっかけは?
 小学校3年生の1学期ぐらいだったと思うけど、きっかけは、春休みボケかな。春休みで学校を休んでいて、とくにいじめがあったわけでもないんですけど、その後は何となく行きたくなくなっちゃったんです。春休みで1日中遊んでいられる生活に味をしめちゃったのかもしれない(笑)。でも、しばらくは行ったり行かなかったりのくり返しだった。

 勉強はきらいでしたけど、それよりもきらいだったのは、学校の給食。すごくマズイんですよ。それなのに残すと怒られるし、たくさん食べなきゃいけないわけじゃないですか。何かにつけて無理強いをさせられてたなっていうのは、いま思い出しても、すごい苦痛でしたね。

――不登校をした後はどのように過ごしていましたか?
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

教室へ入れず保健室に登校してた私が、保健室の先生になるまで

535号 2020/8/1

給食が食べられなかった私、先生からの言葉で不登校に

535号 2020/8/1

「誰も助けてくれず心が壊れた」私が不登校になった理由

535号 2020/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...