不登校新聞

219号 2007.6.1

韓国の不登校の子に聞く

2015年03月26日 14:58 by nakajima_
 シューレ大学の不登校研究会が07年4月27日~5月4日にかけて、「日韓代案教育シンポジウム」の開催を目的とした、韓国教育の現状調査を行なった。韓国では、不登校をするこどものことを「辞退生」と、フリースクールやオルタナティブスクールを「代案学校」と呼ぶ。日本以上に大学受験教育偏重という社会的風潮が強い韓国。そのなかで、1999年に設立された「Haja」は、現地ソウル市から事業委託を受け、年間1億円を超す公的援助を受けている数少ない代案学校の一つである。前回行なわれた同調査から5年がすぎ、韓国の教育事情も大きく変化してきている。そこで今回は、不登校研究会が現在「Haja」に通っているプンさんと、卒業生で現在スタッフでもあるユリさんに行なったインタビューについて掲載する。



専門性よりも、感受性を失わずに 「Haja」のスタッフ ユリさん


――「Haja」で働く経緯を教えて下さい?
 はじめて来たのは2000年7月でした。映像をづくりにかかわるなかで、学生として2003年まで通い、その後大学に進学しまして、2006年11月からは、「Haja」のスタッフとして勤務しています。

――「Haja」を選んだ理由は?

 基本的に親が認めてくれなかったんです。入学した中学校に合わず、学校に行かなくなったのですが、学校を辞退することを、両親は許してくれなかったので、中学、高校と、ただ周囲の流れに身を任せていたという部分があります。  そもそも、学校を辞退することそのものが、非常にエネルギーのいる作業だということもあり、辞退できなかったというより"しなかった”というほうが適切かもしれません。

――「Haja」で得たものは?
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「スクールロイヤー」とは何か 弁護士に聞く制度の課題と展望

522号 2020/1/15

「素の自分を愛してあげてください」りゅうちぇるさんに聞く

521号 2020/1/1

お金を儲けず、子どもを管理せず、その子の感性に寄り添える場を

520号 2019/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...

521号 2020/1/1

テレビや音楽活動で活躍するりゅうちぇるさん。学校で苦しんできた自身の経験を...

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...