不登校新聞

334号(2012.3.15)

メモ「いじめ自殺と裁判」

2013年07月30日 15:39 by kito-shin


 いじめ自殺が社会的な注目を浴びたのは86年の「富士見中学いじめ自殺事件」。当時13歳の鹿川裕史くんが「葬式ごっこ」などのいじめを日常的に受け自殺した。最近では06年の北海道滝川市・小6女児いじめ自殺。滝川市教委による「遺書隠し」などが社会的注目を集めた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「お盆休みの里帰りがしんどい」不登校の親子で乗り切るコツは

512号 2019/8/15

不登校・ひきこもりが働くために必要な前提は、ただひとつ

508号 2019/6/15

進学・就職とまわりが動き出す春、親子で焦らないための極意とは

502号 2019/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...

513号 2019/9/1

不登校経験者10名でタレント・歌手の中川翔子さんにインタビューを行なった。...

512号 2019/8/15

樹木希林さんの娘・内田也哉子さんと本紙編集長の対談。亡くなる前につぶやいた...