いじめ自殺が社会的な注目を浴びたのは86年の「富士見中学いじめ自殺事件」。当時13歳の鹿川裕史くんが「葬式ごっこ」などのいじめを日常的に受け自殺した。最近では06年の北海道滝川市・小6女児いじめ自殺。滝川市教委による「遺書隠し」などが社会的注目を集めた。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。