不登校新聞

333号(2012.3.1)

アルバイトを強引に辞める方法

2013年12月20日 18:19 by kito-shin


 前々号の「バイトを穏便に辞める方法」を読みました。私の場合は「バイトを強引に辞める方法」も必要だなと思っています。

 私は「バイトを辞めたい」と切り出して、バイト先から引き留められるとOKしてしまいます。バイト先の人も悪人ではないので「休みたいときは早めに言ってくれればいいから」の一言がさらに私の背中を押してくれます。「こんな自分でも必要とされている」、そう思い、バイトを続ける気分になります。

 ところがバイト当日、やっぱり行けないのです。バイトの時間が近づくごとに、どんどんイヤな気分になり、「バイトすらできないなら死んだほうがいい!」というところまで落ち込み、バイト時間直前にドタキャン。本当に直前までは「行ける」と思っているんです。この一連の流れを何度もくり返し、結果的には強引に辞めてきました。

 なので「ああ、私はバイトに行きたくないんだ」と思ったら、もう辞めます。一日たりとて現場復帰は無理です。「それでも、なんとか」の道を探ってはドタキャンの山を築いてきました。精神衛生上、それは危険だし、まわりにも迷惑をかけるので「バイトを強引に辞める方法」も大切だと思っています。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

4月から自立すると親に告げたが あてもなくギークハウスを取材

474号 2018/1/15

不登校して毎日バトルだった母が変わったきっかけは

472号 2017/12/15

中3で再登校へ、最初の一歩が緊張したけれど

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...