ふだん食べている命を考えたい



 毎日、私たちが何を食べているのかを考えたい。この企画「食べるいのち」の趣旨はこれに尽きる。企画立案者は子ども若者編集部の田場寿子さん。田場さんは多くのペットを飼っており、生死の場面を目撃することが多い。そのなかで感じてきたことは「売られている肉には、その生き物の生涯やいのちを感じることができない」ということ。食用の家畜にも感情があり育ってきた時間がある。そのことに私たちがあまりに無自覚で、そこに至る過程をスキップしすぎているのではないか、それが問題指摘の原点だ。




この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。