不登校新聞

334号(2012.3.15)

食べるいのち 第1回

2013年07月30日 14:48 by kito-shin

ふだん食べている命を考えたい



 毎日、私たちが何を食べているのかを考えたい。この企画「食べるいのち」の趣旨はこれに尽きる。企画立案者は子ども若者編集部の田場寿子さん。田場さんは多くのペットを飼っており、生死の場面を目撃することが多い。そのなかで感じてきたことは「売られている肉には、その生き物の生涯やいのちを感じることができない」ということ。食用の家畜にも感情があり育ってきた時間がある。そのことに私たちがあまりに無自覚で、そこに至る過程をスキップしすぎているのではないか、それが問題指摘の原点だ。


この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...