不登校新聞

349号(2012.11.1)

【連載】こどもほうりつ相談室「いじめの解決?」

2013年03月06日 12:23 by koguma
■Q 室長が寂しそうと聞いたので、3人で相談に来ました。
■室長 相談が少なくてね。ウェルカムQちゃん。
■Q Qちゃん?
■室長 失礼。クエスチョンの頭文字QでQちゃんと呼んでみました。
■Q 質問をしていいですか。
■室長 遠慮なくかかってきなさい。
■Q 格闘技じゃないし。前回、不登校もいじめを避ける解決方法のひとつとか、よりよい環境を選ぶことも子どもの権利という話でしたけど、学校でいじめをもっときちんと解決する方法はないのですか。
■室長 いきなり答えにキューする難問ですね。

 学校では、いじめがあったか、なかったかとか、それをいじめというべきかどうかだけが問題にされているようなことが多くあります。しかし、まず、必要なことは、いじめを子どもたちのあいだの人間関係に生じた問題だと捉えて、その原因や当事者の子どもたちの気持ちや何が問題かを理解することでしょう。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校に「なんで行きたくないの」と聞くのが地雷である理由 『不登校新聞』記者コラム

474号 2018/1/15

子どもがゲームばっかりになる2つの理由をご存知ですか?【不登校新聞・記者コラム】

471号 2017/12/1

不登校からの進路選択 言えない重圧と親にできる支え

470号 2017/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...