不登校新聞

334号(2012.3.15)

つながるオルタナティブ北海道 第9回

2013年07月30日 14:48 by kito-shin


 どろんこクラブは札幌を拠点に、学校不適応・LD・ADHD・自閉症・発達障がいなど集団になじみにくい児童に対し、フリースクール・学外活動のサポートなどを行ない、子どもたちが地域で多くの人たちに出会い、さまざまな経験を積み健やかに育っていくための支援を行なっています。
 
 私はどろんこクラブに入社して2年目ですが、これまでいろんな子どもたちと関わってこれました。今回はフリースクールに通っていた一人の女の子の話を紹介します。
 
 女の子は当時小学3年生。発達障がいを抱え、勉強や友たちとの関係がうまくいかず、不登校気味となりました。ただし好きな授業や行事には登校し、それ以外の日はどろんこのフリースクールを利用していました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...