不登校新聞

334号(2012.3.15)

少年犯罪8年連続減 警察庁

2013年07月30日 15:05 by kito-shin

凶悪犯はピーク時の10分の1



 警察庁が2月に発表した「少年非行等の概要」によると、2010年中に刑法犯罪を犯した少年の検挙人員が8年連続で減少したことがわかった。10年の刑法犯少年は7万7696人(8150人減)。14歳未満で刑法犯罪を犯した触法少年は1万6616人(1111人減)で2年連続減少した。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

次号は衆院選特集「不登校についての政党アンケート」を発表します

467号 2017/10/1

不登校対策に来年度73億円、その使い道をご存知ですか?

467号 2017/10/1

『不登校新聞』らが共同メッセージ発信 「9月1日」の子どもの自殺に向けて【公開】

465号 2017/9/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...