不登校新聞

408号 2015/4/15

かがり火 奥地圭子

2015年04月13日 11:33 by kito-shin


 その中学校は、入学の要件が不登校、という定員120名の私立中で、子どもの気持ちを大切に、子どもとともに創るフリースクールのような学校だ。旅立ち祭での卒業生の一人一言は、毎年大きな感動を呼ぶ。

 「恐くて、不安で、もう自分はダメだ、もういっそ死んでしまいたい、と思っていた。しかし、本やニュースを観ているうちに、戦争や大災害、病気などで生きたくても生きられない人たちを知って、自分の考えがバカらしく思えてきた。こんな自分でも何か人のためにできることはないかと考えるようになり、自分のためにやっていた音楽をもっと学んで人のためにもなりたい」。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

外出せずに散髪するには?【訪問美容という選択肢】

468号 2017/10/15

18歳、今の今がどん底です。生き延び続けるための支えは

468号 2017/10/15

【新刊出来】いま大注目の「ひきこもり女子会」に迫る

468号 2017/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...