不登校新聞

408号 2015/4/15

13歳に聞く不登校 休んだことで考えが深まった

2015年04月13日 12:46 by kito-shin


 小学4年生で不登校をしたP.NMINOくんが5万字に及ぶ小説『東京UFO』を書きあげた。MINOくんは現在13歳。小説のテーマは「戦争」。ある男の子が宇宙人と出会い、自身の数奇な運命を紐解きながら、地球侵略に立ち向かうというのがストーリー。MINOくんはどんな思いで小説を書きあげたのだろうか。

――小説『東京UFO』、どうして書こうと思われたんですか?
 ある日に見た夢が下地になっています。東京が空爆されて焼け野原になり、そのなかを男の子が駆け抜けていく。そんな夢を膨らませたのがこの小説です。

――書きたかったテーマは「戦争」なんですね?
 はい。「不利益な争いはやっぱりよくないんだ」と言いたくて、いろんな要素を盛り込んだつもりです。というのも、この間いろんな戦争関連の情報を見聞きしました。なかでも戦争で家族を亡くされた方の報道番組は印象的でした。僕にとって、いまの支えは親です。親からすれば自分の子どもは生きがいなんだろうな、とも思います。それが誰も望んでいない争いでぶっつりと切られる。これがどれほどつらいものなのか、体験していない僕が「わかった」というのはヘンですが、感じるものがありました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

4月から自立すると親に告げたが あてもなくギークハウスを取材

474号 2018/1/15

不登校して毎日バトルだった母が変わったきっかけは

472号 2017/12/15

中3で再登校へ、最初の一歩が緊張したけれど

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...