不登校新聞

408号 2015/4/15

不登校専用アルバイトマニュアル「小1で不登校、私がバイトを始めるまで」

2015年04月13日 15:50 by kito-shin

 

 アルバイトを始めるときのタイミングは人それぞれ。今回はアルバイトを始めたときの体験談を田子つぐみさんに執筆してもらった。

 バイトを始めたころの私は、「まさにバイトを始めるべき時」だったんだと思う。
 
 10代のころ「外の世界は怖い、気が強くて悪い奴がいっぱいだ」と思っていた。学校でいじめにあったり、教師に話を信じてもらえなかったりしたからだ。反対に家のなかは「私の理解者で私を命がけで守ってくれる世界で唯一の味方」であるお母さんがいる安全な居場所だと信じていた。
 

家も外も居場所じゃない

 
 でもあるとき、母親の言っていることが私を苦しめていると気づいた。たとえば外出するときは「母親にどういう外出か説明をして、許可が出たら父親同伴で外出していい」というルールがあった。そういうルールに違和感をおぼえた結果、「外」と「家」の2つの世界はどちらも私を苦しめる世界になった。居場所を失った私は精神的にひきこもり、楽しいとか悔しいとか苦しいという気持ちが薄れていった。そして私はなにも感じないように生きることにつとめていた。18歳のときだ。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校専用アルバイトマニュアル最終回「働かずに暮らす方法」

411号 2015/6/1

不登校専用アルバイトマニュアル 13年で実働30日。働けない私のいま

410号 2015/5/15

バイト決断から2年働けず 編集長 石井志昂

409号 2015/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...