不登校新聞

408号 2015/4/15

【公開】大津中2いじめ自殺とは

2015年04月13日 13:20 by kito-shin
 2011年10月11日、大津市の中学2年生の男子生徒(当時14歳)が、いじめを苦に飛び降り自殺に至った事件。男子生徒は、複数人の生徒から、休み時間のたびに一方的に殴られる、馬乗りになられてペンで顔に落書きされる、毎日のようにズボンを膝まで下ろされるなどのいじめを受けていた。男子生徒が自殺する前から、他の生徒は担任や他の教員にいじめが起きていることを報告。自殺直後も、学校側に直訴していじめの実態を報告した。しかし学校側は消極的に対応。事件後、遺族の懇願によって実施した校内アンケートを破棄するなど、事実の隠ぺいも図った。これらの事実は男子生徒が自殺した1年後に遺族側の代理人より明らかにされ、社会的にクローズアップされた。

関連記事

6年間、話せなかったひきこもりが制作部リーダーの会社が設立

474号 2018/1/15

ブラック校則、あなたの学校にもありませんでした? NPOら、解消に向けたプロジェクト開始

473号 2018/1/1

少子化のなか不登校が過去最高~そろそろ「支援」を見直すべきだ【不登校新聞・記者コラム】

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...