不登校新聞

408号 2015/4/15

【記者の眼/大津中2いじめ自殺】司法はいじめ自殺に踏み込まない

2015年04月13日 15:35 by kito-shin


 大津中2いじめ自殺は、公立学校で起きた「いじめ自殺裁判」において、遺族の要求がほぼすべて認められた希少な例となった。
 
 今回のように学校・市町村の責任まで追及された裁判は少ない。大津中2いじめ自殺と同時期に裁かれていた「北本市いじめ国賠訴訟」では、同級生が証言台で泣きながらいじめの実態を語ったが、その事実は認定されず遺族側が敗訴している。

公立学校は負けない


 公立学校は「いじめ自殺裁判」では負けない。今回も和解であった。その一つの理由としては、子どもが亡くなったその瞬間から、学校は裁判対応を始め、事態の鎮静化を組織的に図っていくからである。
 
 大津中2いじめ自殺も、自殺直後から教育委員会が学校とのやり取りをはじめ、3日後には裁判対応の方向性を弁護士と協議。裁判時、有力な証拠となる校内アンケートについては、アンケート実施後に破棄している。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『不登校新聞』らが共同メッセージ発信 「9月1日」の子どもの自殺に向けて【公開】

465号 2017/9/1

行政からも求められる「不登校の中間支援組織」 千葉で新たに設立

465号 2017/9/1

小中高生の自殺 原因は「学校」10年連続トップ

457号 2017/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...