不登校新聞

218号 2007/5/15

かがり火 森英俊

2015年04月22日 12:19 by kito-shin


 「諸刃の剣」という言葉は、両辺に刃のついた剣で相手を切ろうとすると、みずからも傷つける恐れがあることから、一方では役に立つことでも他方では大きな害を与える危険があることを教えている。

 今国会で成立しようとしている改正児童虐待防止法案では、令状に基づく家庭への強制的な立ち入り調査や児童への接近禁止命令など、児童相談所の権限の拡大強化が目立つ。一つまちがうと、子どもの人権をめぐる「諸刃の刃」となる可能性があることを関係者は十分熟知しておかなければならない。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『不登校新聞』のおすすめ

578号 2022/5/15

編集後記

578号 2022/5/15

『不登校新聞』のおすすめ

577号 2022/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

578号 2022/5/15

2021年、初の民間フリースクールとなる「フリースクールMINE」が鹿児島...

577号 2022/5/1

項目にチェックするだけで、学校と親が話し合いをする際に使える資料にもなる「...

576号 2022/4/15

子育ての話題では、お父さんがどうしても置いてきぼりになりがちです。夫婦です...