不登校新聞

218号 2007/5/15

教育バウチャー制度に賛否両論 教育再生会議‘07

2015年04月22日 15:49 by kito-shin


 行政の諮問機関「教育再生会議」分科会が開かれ、教育バウチャー制度(※メモ参照)について話し合われた。バウチャー制度が再生会議で具体的に議論されたのは初めてのこと。会議では学校選択制の全国的な実施やバウチャー制度の部分的な導入には賛成する意見があったものの、慎重な意見も多かった。

 2007年4月24日に開かれた教育再生会議の分科会では、経団連の常務理事・田中清氏のヒアリング参加があった。経団連は以前から教育バウチャー制度の導入を訴えていた。
 
 田中清氏は、学校選択制、学校評価、生徒数に応じた学校への予算配分の3施策を全国的に実施することにより「多様性」「競争」「評価」を一体として導入できると説明。学校選択制の目的は「選ばれる学校に向けた切磋琢磨を促進」することであり「クーポン券を保護者に渡すのではなく、生徒数に予算を反映させるのが、経団連が考えるバウチャー制度」だと話した。また、教育困難校については、各教委の判断で追加支援を行なうこと、私立学校も生徒数に応じた私学助成にすること、などが提案された。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

自傷行為の手当の方法や相談先を集約したリーフレットを医師らが無料公開

578号 2022/5/15

学校とのやりとりで困った保護者は9割、親の声から生まれた学校への依頼文が公開中

577号 2022/5/1

2021年の小中高生の自殺は473人 過去2番目の多さに厚労省「強い危機感」

576号 2022/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

578号 2022/5/15

2021年、初の民間フリースクールとなる「フリースクールMINE」が鹿児島...

577号 2022/5/1

項目にチェックするだけで、学校と親が話し合いをする際に使える資料にもなる「...

576号 2022/4/15

子育ての話題では、お父さんがどうしても置いてきぼりになりがちです。夫婦です...