2007年5月3日、全国各地で「憲法施行60年」を記念し、市民集会が開かれた。東京・日比谷公会堂では「5・3憲法集会」(同会実行委員会主催)が開かれ6000人が参加、集会後には7000人が銀座でパレードを行なった。

 集会では植野妙実子さん(中央大学教授)、浅井基文さん(広島平和研究所)、福島みずほさん(社民党党首)、志位和夫さん(共産党委員長)の4名がスピーチをした。最初にスピーチをした植野妙実子さんは、日本国憲法は「基本的人権の保障」「平和主義」「国民主権」の基本原理によって成り立っており、九条が「改正」されることにより「基本原理の一つが崩れ、つられてほかの原理も崩れてしまう」と語った。
 
 浅井基文さんは「改憲派の狙い」について話された。改憲派が九条の改正を進めたい理由は「集団的自衛権の行使などではなく、アメリカを中心とする国際的な軍事行動に、日本が『国際協調』『安全確保』のもとに参戦すること」だと指摘。その先には、事実上の日米軍一体化などが危惧されることも付け加えた。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。