不登校新聞

218号 2007/5/15

ひといき 多田耕史 山下耕平

2015年04月22日 14:57 by kito-shin
2015年04月22日 14:57 by kito-shin


 じつは1月の中旬から、病気らしい病気ひとつしたことのなかった母が入院してしまった。そのため家事のほとんどを自分たちの手でやらなければならなくなった。恥ずかしながら、私は家事のいっさいを母に任せっきりだった。お皿ぐらいは多少洗ったことはあるものの、洗濯機なんかまわしたことがない。突然のこの事態に大ピンチ! 退院してからも、しばらくは無理がきかない体なので、買い物、洗濯、皿洗い、ゴミ出し……と大忙し。でも、自分にとってはほとんどはじめての主婦体験。どれも新鮮だった。しかしながら、これだけの仕事を一人でみんなやっていたなんて、あらためて母の大変さを痛感した。母はえらい!(名古屋支局・多田耕史)

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『不登校新聞』のおすすめ

595号 2023/2/1

編集後記

595号 2023/2/1

『不登校新聞』のおすすめ

594号 2023/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…