不登校新聞

349号(2012.11.1)

居場所を見つける旅 第10回

2013年08月12日 11:43 by kito-shin




人間関係は、ひきこもりライフがお守りに

 10人以上集まる居場所には気の合う仲間とセットで、かならず気が合わない人がいるものです。どうにも気にいらない「アイツ」に対して腹を立てているようでは、ひきこもりコミュニティへの参加も困難になります。心の石版に刻み込んでおいてください、気に入らないのは、おたがいさまなのです。自分だって誰かから、気にいらないアイツとして、煙たがられているのです。そんな自分に対して、辛抱強くガマンしてくださるありがたい人徳者がいるのです。アイツさえいなければ最高なのにと、狭い居場所でいがみ合ったり、弱い者どうしで主導権争いなどしないよう、気をつけなければいけません。

 ひとりぼっちの、人間関係ゼロ生活を思い出すのです。嫌な奴もいないかわりに、気の合う仲間もいない、ほろ苦いひきこもりライフ。それを思えば、辛味のきいた人間関係も、そう悪いものではありません。私も初心を忘れないよう、心の鍛錬のために、東京・高円寺にある素人の乱16号店「なんとかバー」に行って来ました。

 「素人の乱」というのをご存知でしょうか。松本哉さんを中心とする、高円寺でリサイクル屋や古着屋をやりつつ、放置自転車撤去に反対する「俺のチャリ返せデモ」や「家賃をタダにしろデモ」「原発やめろデモ」などの社会運動をしている貧乏人の集団です。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...