不登校新聞

332号(2012.2.15)

震災支援 私たちにできること 第7回

2013年05月16日 15:29 by kito-shin
 東京シューレでは2011年4月から宮城県仙台市、石巻市、女川町などを中心に震災支援活動を行なっています。11回の現地訪問のうち、毎回3人~14人のチームで、がれきの撤去や炊き出し、被災された方への聴き取りや学習支援などを行なってきました。

 4月から8月までは、スタッフとシューレ大学の学生さんが現地の方々や団体と関係をつくり、9月にはフリースクール高等部の子どもたちといっしょに、宮城県岩沼市で行なわれた音楽イベントに参加したり、翌10月末にも、子どもたちといっしょに炊き出しをしたり、石巻の方々と交流したりしました。

 参加した子どもからは「人がとても温かかった、経験したことの話を聴いて、ものすごく悲しい気持ちになった」「東北の人々が、すでに自分たちの力で立ちあがろうとしていることを知って驚いた」などの声があり、テレビなどで見る情報ではなく、まさに体で感じる経験となりました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

470号 2017/11/15

性的少数者であることで学校に居づらくなり、不登校になる子どももいる。少数者...

469号 2017/11/1

わが家の息子たちは、もう「不登校」ではありませんが、不登校が「終わった」「...

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...