娘が不登校、ひきこもりになって5年が経ちました。最近、母親が常識を捨てて、娘の非常識な要求を叶えるようにしだして、娘と母親との関係がどんどん変わってきました。娘と母親との会話が増えてきました。

 ある日、母親が相談しているカウンセラーを娘が訪ねて行き、カウンセラーと話をしました。その会話のなかでカウンセラーから「今のまま不登校、引きこもりをしていていい、なにもしなくて家のなかでゴロゴロしていていい。なにかしたくなったら、なにか楽しいことがあったら、親が反対してもそれをしなさい」と言われました。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。