不登校新聞

349号(2012.11.1)

「オルタナティブ教育法案」改名へ

2013年08月12日 11:58 by koguma

学習権保障を求め新法骨子案作成





--------------------------------
 「(仮称)オルタナティブ教育法」を実現する会が10月8日に第2回総会を開き、これまでの「(仮称)オルタナティブ教育法」から、「子どもの多様な学びの機会を保障する法」に名称を改めて新法制定を目指していくことを決定した。これに伴い、新骨子案を発表。会の名称も「多様な学び保障法を実現する会」に変更した。
--------------------------------

 「(仮称)オルタナティブ教育法案」とは、フリースクールやシュタイナー教育、ホームエデュケーションなど、学校教育外の学びを公的に位置づけることを目的とした法案。今回の改変で、すべての子の学習権の保障を求める法案となった。

 同法案では、まず学習権を基本的人権として位置付け、学ぶ場・方法は子どもに選ぶ権利があること、また選んだ場合は、最大12年間、最善の教育機会を享受する権利があることを規定した。なお「多様な学び場」を選んだ場合も、憲法26条が規定する親の教育義務履行を果たす、としている。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...