不登校新聞

331号(2012.2.1)

メモ「こころの健康基本法案」

2013年08月01日 12:11 by kito-shin


 1990年代、オーストラリアの研究者を中心に統合失調症の前兆、または初期状態をいち早く発見し、治療していく必要性を訴える学説が注目を集めた。これらを受け1998年、小泉純一郎厚生大臣(当時)が訪豪し両政府間で「日豪保健福祉協力」を発表。2008年、国立精神神経センター精神保健研究所が精神保健改革を提言。2010年には長妻昭厚生労働大臣の呼び掛けにより「こころの健康政策構想会議」が発足。その後、「こころの健康政策構想実現会議」が立ち上がり、100万人署名運動を行なうなど運動が加速化。そして昨年12月に超党派の国会議員による議員連盟が発足。基本法案成立を目指している。

関連記事

『不登校新聞』らが共同メッセージ発信 「9月1日」の子どもの自殺に向けて【公開】

465号 2017/9/1

行政からも求められる「不登校の中間支援組織」 千葉で新たに設立

465号 2017/9/1

小中高生の自殺 原因は「学校」10年連続トップ

457号 2017/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...