不登校新聞

410号 2015/5/15

ひきこもり時給2000円「ひきこもりから出た“きっかけ”」

2015年05月15日 15:18 by kito-shin


連載「ひきこもり時給2000円」vol.4

 
 家族会とかで、たまに講演らしきことをすると、「岡本さんがひきこもりから出たきっかけはなんですか?」という質問を、ほぼかならずと言ってよいほど受ける。親御さんの関心はやはりそこのところにあるようで、僕がその話を始めると、みなさんの身体の重心が一段前に移る。なので、今日はそういう話を書きます。
 
 僕がひきこもりから抜け出した直接のきっかけは、「ひきこもり」というものを知ったことです。長年、自分の状態がわからなくて苦しんでいましたが、「ひきこもり」というものを知って光が射した。「そうか、自分はこれだったのか。なら、自分と同じような人と会って話をしたら何かヒントが見つかるかもしれない」。出口の見えない沼の中で、ひと筋の希望が見えた気がした。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「答え」は「どこか」でなく「ここ」にある ひきこもり時給2000円最終回

448号 2016/12/15

今だから話せるコト~一番つらい時期になぜ死にたくなったのか ひきこもり時給2000円

447号 2016/12/1

母に直接聞いてみた~僕がひきこもっているときに何を考えてた?

446号 2016/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...