不登校新聞

410号 2015/5/15

不登校Q&A「学校への連絡はどうすれば?」

2015年05月18日 15:38 by koguma


 「学校への電話連絡」で悩んだことはありませんか?
たとえば、学校を休ませる際にかける電話もその一つ。「親としての義務感から、毎朝がんばって電話している」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 
 しかし、朝の忙しい家事の合間をぬって学校に電話するのは、時間的にも精神的にもたいへんです。最初はよくても、何カ月か続けているうちに電話をかけること自体がおっくうになり、気持ちもクタクタになる。朝が来るたび、憂鬱な気持ちになってしまいます。
 
 こんなとき、ほかの家庭ではどうしているのか。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもの摂食障害 背景にある苦悩への思いやりを

190号(2006.3.15)

担任が変わった際のポイント 不登校Q&A

192号(2006.4.15)

「お盆休みの里帰りがしんどい」不登校の親子で乗り切るコツは

512号 2019/8/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...