不登校新聞

410号 2015/5/15

【ある日のメーリングリスト】学校はもちろんフリースクールも全然

2015年06月02日 11:58 by koguma


 『不登校新聞』が設置している読者限定の「メーリングリスト」。ある日、下記のような書き込みがあり、メーリングリストにはたくさんの投稿が寄せられました。今回は、実際のやりとりを抜粋してご紹介します。



Q.学校はもちろん、勉強もフリースクールも全然。次の一歩はいつ?

 みなさま、こんばんは。
 
 昨年から本紙購読中の『不登校新聞』初心者です(^^)。
 
 現在、息子は中2、不登校中です。中学に入学したその日から嫌がらせを受け、中1の合唱祭明けから、ぱったり行けなくなってしまいました。
 
 最初は何とか行かせようとしましたし、息子も身支度などをしていましたが、時間になっても行けず……。その後は毎日のようにバトルがくり広げられました。
 
 しばらくしてムリに行かせるのはやめましたが、不登校から1年と2カ月。相変わらず、学校はもちろん、勉強もまったくしていません。フリースクールや適応指導教室などにも行ってません。毎日、深夜に寝て、昼すぐに起きる。1日中リビングで「マインクラフト」というゲームをやりながらネット上の友だちと会話しています。
 
 「マインクラフト」をやり始めてからは表情が明るくなったので、最初はうれしかったのですが……、やはりネット依存、健康面、将来の不安などがあります。
 
 学校に行かなくても、人間としてというか生物として、すこしは太陽の光を浴びてほしいし、生活リズムも戻してほしい。家が「居場所になっていい」とも思いますが、やっぱりずーっと今の生活のままではいけないとも思っています。
 
 自分の頭で考え、自分の足で歩きだすようになってほしいと思いますが、どんなふうに不登校の子は歩き始めるのでしょうか。今の私には先がまったく見えず不安になります。(母親)
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校に「なんで行きたくないの」と聞くのが地雷である理由 『不登校新聞』記者コラム

474号 2018/1/15

子どもがゲームばっかりになる2つの理由をご存知ですか?【不登校新聞・記者コラム】

471号 2017/12/1

不登校からの進路選択 言えない重圧と親にできる支え

470号 2017/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...