不登校新聞

331号(2012.2.1)

夏の全国合宿、今年は北海道

2013年05月21日 16:55 by kito-shin

2つのNPO法人全国ネットワークによる共催
基調講演に汐見稔幸さん

この夏、全国から不登校、ひきこもりの子を持つ親、本人、フリースクール関係者らが集う「第23回登校拒否・不登校を考える夏の全国合宿2012in北海道」が開催される(主催・登校拒否・不登校を考える全国ネットワーク/フリースクール全国ネットワーク)。会場は「札幌の奥座敷」と呼ばれる北海道札幌市の定山渓。全国合宿が北海道で開催されるのは初めてのこと。

 今年の基調講演は汐見稔幸さん(白梅学園大学学長/東京大学名誉教授)。汐見さんは国家主導の均一的な教育が始まった明治以降の教育史と、市民主導の多様な教育を実践していた寺子屋の教育史などに精通。講演会などではそもそもの教育のあり方を提起している。基調講演と並んで大きな目玉となるのが当事者シンポジウム。全国合宿は「当事者に学ぶ」を基本コンセプトにしており、子ども若者と親、2つのシンポジウムが予定された。
 
 このほか、講師やアドバイザーが多数登場(左記参照)。昨年、『安心ひきこもりLIFE』を出版し反響を集めたひきこもり名人・勝山実さん、北海道の亀貝一義さん、田中康雄さん、田中敦さん、さらには「浦河べてるの家」からのゲストも参加予定となった。
 
 合宿の準備は2つの全国ネットワークと「北海道フリースクール等ネットワーク」を中心とした現地実行委員会がすすめている。なお開催期間が観光時期のため、例年より早い締切日(6月20日)の設定。申込みや問い合わせは左記を参照に。

■2012年7月28日(土)~29日(日)
第23回登校拒否・不登校を考える夏の全国大会2012 in 北海道

時 間 28日午後1時~29日午後3時20分(開場28日正午12時)
会 場 定山渓グランドホテル瑞苑(北海道札幌市)
    千歳空港からタクシー約100分または札幌駅よりバスで約90分※主催団体へ問い合わせると申込みチラシに、羽田空港などから会場までの格安チケット申込書在中。
講 師 汐見稔幸さん(白梅学園大学学長/東京大学名誉教授)、内田良子さん(心理カウンセラー)、勝山実さん(ひきこもり名人)、亀貝一義さん(フリースクール札幌自由が丘学園)、田中康雄さん(子どもの発達臨床研究センター)、
アドバイザー 奥地圭子さん(東京シューレ)、増田良枝さん(越谷らるご)、森英俊さん(小児科医、親の会「鳥取タンポポの会」世話人)、田中敦さん(レターポスト・フレンド相談ネットワーク)、「浦河べてるの家」からのゲスト。
締 切 6月20日(水)※7月1日以降のキャンセルは原則返金不可
参加料 宿 泊 大人1万9000円/19歳以下1万8000円
     日帰り 大人4000円・1日/19歳以下2500円
割 引 家族割引1000円(申込書に「親子割引」の記載必要)
備 考 宿泊部屋は和室相部屋。申込書に同室希望者の記載可能。
連絡先 電話03-3906-5614/メール info@futoko-net.org

■全国子ども交流合宿2012in北海道
会 場 上記同様(時間、料金、締め切り日も上記同様)
内 容 ラフティングinニセコ、ダンボールハウスづくり、カードゲーム、アイヌ資料館&楽器体験、いももちづくり・ミルク工房見学、おしゃべり、タイムフリースペースなど
連絡先 電話03-3906-5614/メール info@futoko-net.org
主 催 登校拒否・不登校を考える全国ネットワーク、フリースクール全国ネットワーク

関連記事

5・3憲法集会 6000人が参加

218号 2007/5/15

ロシアのオルタナティブスクールで国際大会

218号 2007/5/15

今月の子ども若者編集部は

410号 2015/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...