不登校新聞

217号 2007/5/1

「改正」少年法、衆院通過

2015年05月18日 15:37 by kito-shin


 2007年4月19日、少年法「改正」案が衆院本会議で可決され、今国会での成立がほぼ確実になった。「改正」案は、昨年に上程された政府提出の法案に一部修正を加えたうえ、少年院送致の下限年齢を現行の「14歳以上」から「おおむね12歳以上」に引き下げるなど、警察官の調査権限の拡大・強化が明確に打ち出されている。現在、参議院で審議中だが、全国の弁護士会や医療の現場にいる福祉関係者など各方面から反対の声が挙がり続けている。

 今回の法案の改正点は、以下の4点となっている。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめのピークは小学2年生、低学年ほど注意を

552号 2021/4/15

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

【記者の眼】「黒染め強要」訴訟、判決から見える3つの問題点

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...