2日間でのべ1万1500人が参加
横浜から脱原発へ
脱原発世界会議 in YOKOHAMA

 およそ30カ国の専門家・政治家・ジャーナリストが一堂に会して原発問題を考える「脱原発世界会議」が1月14日~15日にかけて、パシフィコ横浜(神奈川)にて開催された。一般参加者を含めて2日間でのべ1万1500人が参加した。また、初日に行なわれたデモ行進には6000人(主催者発表)が参加するなど、福島第一原発事故を受け、原発に対する市民の関心の高さがうかがえた。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。