不登校新聞

217号 2007/5/1

今の私が家族にできること

2015年05月21日 12:14 by kito-shin


 先日、母を見舞って、父と食事をした。
 
 娘とわたしが母に声を掛け続けたら、母は目を開けてくれたけれど、視線はわたしとも娘とも合わなかった。
 
 母は特養ホームで血糖、血圧と体温、チューブでの栄養、心筋梗塞防止、尿、便などすべてを管理していただいている。
 
 母の顔色はいいけれど、自分でできることはなくなった。
 
 母が元気だったころ、子どもたちの不登校を静かに見守ってくれた。わたしと出歩くのを喜んでくれた。わたしが病気のとき、子どもたちの世話をしに来てくれた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

受験生の息子が突然の不登校、今だからわかる親の寄り添い方

525号 2020/3/1

不登校の親が周囲の善意に疲れ果てて訪れる親の会

525号 2020/3/1

「もう後ろはふり返らない」3人兄弟そろって不登校【母親手記】

191号(2006.4.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...

530号 2020/5/15

緊急事態宣言の発出から1カ月。新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う自粛要請...

529号 2020/5/1

お子さんが「コロナが怖いから外へ出られない」と話すなら「お家にいるから大丈...