不登校新聞

217号 2007/5/1

チャット会議企画「正しい」物の使い方

2015年05月21日 12:49 by shiko

 

傘編


 傘の正しい使い方をレクチャーしてくれるのは「日本洋傘振興協議会」。同協議会によると「傘は丈夫なのが当たり前と思われがちだが、じつは非常にデリケートな物」だとのこと。長持ちをさせ、トラブルを避けるためにも、ぜひ「正しい傘の使い方」を知ってほしいと思っているそうです。
 
 そこで、洋傘振興協議会による「正しい傘の使い方」を見てみましょう。
 
 ①急な雨でもムリに傘を明けず、傘を開くときはかならずウォーミングアップをする。②ハンドルなどの部位に負担がかかるため、傘をまわさない。③振りまわしたり、杖の代わりにしない。④色落ちの危険性があるので、使用時は手にハンドクリームなどを塗らない。⑤傘を車中に放置しない。⑥使用後の水切りはやさしく。⑥たたむ時もやさしく。⑧使い終わったら傘を濡れたままにしない。
 
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

かがり火

524号 2020/2/15

ひといき【編集後記】

524号 2020/2/15

北区との公民連携事業 不登校の歴史vol.524

524号 2020/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...