不登校新聞

217号 2007/5/1

ひといき 小熊広宣

2015年05月21日 14:45 by koguma


 最近、テレビの天気予報にハマっている。ときおり耳にする予報士のセリフに、ひっかかりを覚えるからだ。先日、『……ところにより雨が降るでしょう』という一言を、ある天気予報士の方が口にした。おかしく感じるのは私だけだろうか?
 
 こちらとしては、その「ところ」を具体的に知りたくて観ているのに、予報のつまりがそれでは、やり場のないこの思いをどうすればよいのか。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

教育委員会は民間と連携して 不登校の歴史vol.538

538号 2020/9/15

ひといき

538号 2020/9/15

森の喫茶店 第538号

538号 2020/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...

536号 2020/8/15

「勉強の遅れ」を心配する声がたくさんの保護者から聞くようになりました。いま...