不登校新聞

349号(2012.11.1)

かがり火

2013年08月12日 11:48 by koguma


 子どもの人権を守る視点で子どもたちを支援していると、思いもかけない喜びを子どもたちに分けてもらえることがある。

 「後生畏るべし」の論語の言葉もある。大人は目の前にいる子どもが将来自分を超える人間に成長する可能性を秘めていることに気づかないことを戒める言葉だ。14歳のときに出会い、24歳になった今年、法科大学院に入学して弁護士をめざしている人もいる。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...