不登校新聞

349号(2012.11.1)

かがり火

2013年08月12日 11:48 by koguma


 子どもの人権を守る視点で子どもたちを支援していると、思いもかけない喜びを子どもたちに分けてもらえることがある。

 「後生畏るべし」の論語の言葉もある。大人は目の前にいる子どもが将来自分を超える人間に成長する可能性を秘めていることに気づかないことを戒める言葉だ。14歳のときに出会い、24歳になった今年、法科大学院に入学して弁護士をめざしている人もいる。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...