不登校新聞

411号 2015/6/1

「甘え」か「自立」かで迷ったときに読む本

2015年05月29日 13:04 by koguma

明橋大二著「見逃さないで!子どもの心のSOS」

 不登校・ひきこもりの子どもを持つ親が気になることと言えば、「うちの子は将来、きちんとやっていけるのか、『自立』できるのか、ということではないでしょうか。
 
 一方、ふだんの生活の悩みとして、「子どもが親にべったり『甘え』てきて困っている」という話がしばしば話題にあがります。
 
 たとえば「母親と何時間も話をする」「トイレまでついてくる」「いっしょに寝たがる」といったように。「小さいうちは『かわいい』の一言で済みますが、中学生ともなるとちょっと…」「どこまで甘えさせていいのか」などなど悩みは尽きません。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...