不登校新聞

411号 2015/6/1

かがり火 奥地圭子

2015年05月29日 15:16 by kito-shin


 制度があっても、人が使うもの。制度ができればすべてうまくいくということはない。しかし制度がないと橋を渡ることさえできない。

 公立中3年の女の子のお母さんから「とても困っている」という電話があった。その子は不登校。フリースクールに通っている。「フリースクールの出席は学校の出席日数にカウントしてよい」、「通学定期も適用できる」という制度になって22年が経つ。

 しかし、その子の通う学校長は認めない。何度、親が話をしてもダメ。子どもは「落ち込んでいる」と言う。私は「校長が『認めない』という根拠を文章でもらってきてください」と親に頼んだ。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...