不登校新聞

332号(2012.2.15)

不登校の歴史 第332回

2013年08月01日 11:59 by kito-shin



フリースクールがなぜ学校を


 特区を活用したら、もしかして学校を創ることができるかもしれない。しかし、創ることに踏み出すほうがいいのか、悪いのか。長いあいだ、学校以外の居場所・学び場を創り出し、その必要性を訴え、「学校のみが成長の場ではない、いろいろあっていい」と主張してきた東京シューレが学校になるとか学校を創るとかいうことになると、不登校運動をどう考えたらいいのか。そういった問題が浮上し、シューレのなかで議論が沸騰した。スタッフどうしで、親のあいだで、スタッフと親、スタッフと子どものあいだでも。2002年秋からの議論は、学校とは何か、不登校とは何かを考えることを試される貴重な期間でもあった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...