不登校新聞

332号(2012.2.15)

静岡にて講演会「不登校・ひきこもりを生きる」

2013年05月23日 11:35 by kito-shin
 3月4日(日)、講演会「不登校・ひきこもりを生きる~子どもを理解するために~」がアクトシティ浜松研修交流センター(静岡)で開催される。

 近年、不登校・ひきこもりをめぐる一つのテーマに「自己肯定感」がある。毎年夏に行なわれる「登校拒否・不登校を考える夏の全国合宿」の分科会でも多くの参加者が集う。不登校やひきこもりである自分を肯定できず、不安やいら立ちを抱える子ども・若者は多い。そうしたなか、カウンセラーや精神科医などの専門家を頼り、安易に医療にかかわるケースが増えている。つらさを抱える子ども・若者が今度は過剰医療による薬の副作用などでさらに苦しむという例も出ている。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

5・3憲法集会 6000人が参加

218号 2007/5/15

ロシアのオルタナティブスクールで国際大会

218号 2007/5/15

今月の子ども若者編集部は

410号 2015/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...