不登校新聞

412号 2015/6/15

書籍紹介 先回りしない『ゆる親』のすすめ

2015年06月12日 14:56 by koguma

西野博之著「10歳からの見守りBOOK」

 神奈川県川崎市で30年間、不登校やひきこもりなど子どもの居場所づくりに取り組んできた西野博之さんの新著。西野流「ゆる親」のすすめです。
 
 「ゆる親」……。何だか似つかわしくない組み合わせだと思いませんか?「ゆるキャラ」「ゆるヘア」など、「ゆるい」という言葉は、たいがいの物事をやわらかいニュアンスにしてくれる。しかし、「ゆる」と「親」は結びつきにくい。「ゆる親」だと、きちんと子育てしてないかのような印象を受けるからかもしれません。なぜそう感じるのか。「子育てで失敗してはいけない、親はきちんとしなければ」というまなざしが、社会に蔓延しているからでしょう。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「親や家族に捨てられた」ひきこもり当事者の生の声を聞く【書籍紹介】

522号 2020/1/15

有名人に会えて感激、東京ゲームショウ2019レポート

522号 2020/1/15

法の誕生を本で知らせよう 不登校の歴史vol.522

522号 2020/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...

521号 2020/1/1

テレビや音楽活動で活躍するりゅうちぇるさん。学校で苦しんできた自身の経験を...

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...