西野博之著「10歳からの見守りBOOK」

 神奈川県川崎市で30年間、不登校やひきこもりなど子どもの居場所づくりに取り組んできた西野博之さんの新著。西野流「ゆる親」のすすめです。
 
 「ゆる親」……。何だか似つかわしくない組み合わせだと思いませんか?「ゆるキャラ」「ゆるヘア」など、「ゆるい」という言葉は、たいがいの物事をやわらかいニュアンスにしてくれる。しかし、「ゆる」と「親」は結びつきにくい。「ゆる親」だと、きちんと子育てしてないかのような印象を受けるからかもしれません。なぜそう感じるのか。「子育てで失敗してはいけない、親はきちんとしなければ」というまなざしが、社会に蔓延しているからでしょう。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。