不登校新聞

412号 2015/6/15

記者コラム「取り返せない取材時の失敗」

2015年06月12日 12:32 by shiko
2015年06月12日 12:32 by shiko



 みなさんにも読んでいただいているインタビュー記事。これらの原稿は、まず、①発言をすべて打ち込む(テープ起こし)、②余分な話をそぎ落とす、③読みやすいように精製する、という工程をかならず踏みます。「人は1時間で約1万字ぐらい話す」と言われており、テープ起こしは、もはや肉体労働。「せめてクリアな音でテープ起こしをしたい」と思い、購入したのが録音マイク。レコーダーにくっつけて録音するだけで……、なんということでしょう、音質がクリアに!
 
 そんなマイク購入から数カ月後、事件が起きました。この日は本紙理事の奥地圭子さんといっしょに社民党議員へ取材。テーマは戦争。
 
 当時、私が19歳。議員さんと奥地さんとのあいだで飛び交う単語がよくわかりません。教育勅語、学徒出陣ぐらいならまだしも、天皇陛下の藩屏、下山・三鷹・松川事件……。ここは笑顔で乗り切って、テープ起こしの際に勉強しようと心に決めたわけです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『不登校新聞』のおすすめ

595号 2023/2/1

編集後記

595号 2023/2/1

『不登校新聞』のおすすめ

594号 2023/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…