先日、家の前で娘の学校の教頭先生にばったり会い話しかけられた。

 「お願いがあるのですが、お子さんがこのままの状態であれば、民生委員か児童相談所に連絡することになるかもしれません」と尋ねてきた。

 以前、娘といっしょに遊んだ子の親から娘のことでどうなっているのかと学校に問い合わせがあり、近所の方も娘を見かけないということで、校長先生が毎日 大丈夫だろうかと心配しているということであった。

 「虐待を疑っているということですか」と思わず私は言ってしまった。「学校に来るようにとは言いません ので、一目会うだけでいいので写真でもいい、ですので」と教頭先生は続けた。「それは学校の都合ですよね、どういう経緯で子どもが不登校に至ったのか、先生は手紙を読んでくれているのでしょうか」という私の問いに「不登校の子どもの権利宣言」を教頭先生は読んだと言う。 


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。