不登校新聞

330号(2012.1.15)

バイトを穏便に辞める方法

2015年02月27日 10:54 by kito-shin



いつでも辞められる安心感を


 バイト辞めたい……。誰しもが一度は口にしたこと、もしくは友人がダルそうに話すのを聞いたことがあるだろう。しかし本気で辞めたくなったとき、どうやってバイト先に伝えればスムーズにいくのか。子ども若者編集部で調査した。

 「バイト」「穏便」「辞める」この三つの単語をグーグルで検索すると、なんと35万1000件もヒットする。つまり、「バイトを穏便に辞める方法」とは、世の中の人が真剣に知りたい情報なのだ!

 不登校、ひきこもりの人々はどうだろうか。ただでさえ、メンタル面が弱っている不登校、ひきこもりの人にとって、劣悪なバイト環境は耐えがたいものである。一刻も早く辞めたいはずだ。

 しかし、「ここで辞めて、また雇ってくれる所なんてあるのか…?」「また、迷惑をかけてしまう…」という不安や罪悪感に悩まされ、なかなか辞められない。このようなストレスに身をさらすことで、どんどん精神的にしんどくなり、辞めざるをえなくなる。自分の体調を悪化させ、なおかつ罪悪感にも苛まれるという、最悪のパターンである。

 この由々しき状況に対して、われわれ子ども若者編集部は立ちあがった。バイトを雇う側の人間や、バイト経験者に話を聞き「バイトを穏便に辞める方法」を調査した。「なんとか、穏便にバイトを辞めたい!」「採用されたけど、キツイ職場だったらどうしよう…」と不安に思っている人は、ぜひ参考にしていただきたい。

 調査によって、重要だとわかったのは、以下の3つの点である。①「辞める」と言い出すタイミング②辞める理由③予想外のトラブルへの対処法。では、具体的に「バイトを穏便に辞める3カ条」を見ていこう。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

4月から自立すると親に告げたが あてもなくギークハウスを取材

474号 2018/1/15

不登校して毎日バトルだった母が変わったきっかけは

472号 2017/12/15

中3で再登校へ、最初の一歩が緊張したけれど

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...