不登校新聞

330号(2012.1.15)

不登校の歴史 第330回

2013年08月01日 12:38 by kito-shin



いじめ・いじめ自殺の背景


 これまで見てきたように、2006年の秋は日本のあちこちでいじめ・いじめ自殺が噴出したのだがその背景には何があったのだろうか。

 これは、日本の教育に対する子どもたちの叫びであり、いのちの反応であったと私は感じている。

 ひとつは学校教育を中心に子どもにとって教育がたいへん息苦しく、ストレス度の高いものになってきていた状況、もうひとつはそれにもかかわらず、休めなくなっていた状況がある。

 これらは06年にいきなりつくられたものではなく、00年代に入るころからしだいに、意図的に用意されてきたものである。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...