いじめ・いじめ自殺の背景


 これまで見てきたように、2006年の秋は日本のあちこちでいじめ・いじめ自殺が噴出したのだがその背景には何があったのだろうか。

 これは、日本の教育に対する子どもたちの叫びであり、いのちの反応であったと私は感じている。

 ひとつは学校教育を中心に子どもにとって教育がたいへん息苦しく、ストレス度の高いものになってきていた状況、もうひとつはそれにもかかわらず、休めなくなっていた状況がある。

 これらは06年にいきなりつくられたものではなく、00年代に入るころからしだいに、意図的に用意されてきたものである。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。