不登校新聞

216号 2007/4/15

東京シューレ葛飾中学校開校

2015年06月26日 13:56 by kito-shin


 東京シューレ葛飾中学校の2007年4月9日の開校に先駆け、4月1日、東京シューレに通う子どもたちが中心となって企画した開校プレイベントが行なわれた。
 
 当日、会場となった同校体育館では、子どもたちが歌やダンスを披露したほか、家庭科室では軽食がふる舞われた。また校内に設置されたフリースペースや図書室も開放され、校庭ではミニトレインも用意された。
 
 同時に行なわれたシンポジウムでは、今春から東京シューレ葛飾中学校に通う男性(13歳)が次のように語った。「何かと班ごとに競わされ、失敗したときには連帯責任を押しつけられる学校に疑問を持つようになって、小学校5年生から不登校になった。先生への恐怖感や不信感も根強くある」。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめのピークは小学2年生、低学年ほど注意を

552号 2021/4/15

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

【記者の眼】「黒染め強要」訴訟、判決から見える3つの問題点

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...