不登校新聞

216号 2007/4/15

教育関連三法案 上程

2015年06月26日 14:01 by kito-shin
 2007年3月30日、教育関連三法案(学校教育法、地方教育行政法、教員免許法改正案)が、国会へ上程された。新法案では、義務教育の目標として「我が国と郷土を愛する態度」という「愛国心」表記がもりこまれるほか、文科大臣の教育委員会に対する指示・是正要求権が新設される。
 
 争点となっていた私学への関与についてだが、地方教育行政法改正案では、都道府県知事が「必要と認めるときは、教育委員会に対し、学校教育に関する専門的事項について助言又は援助を求めることができる」との文言がもり込まれた。今後は付帯決議がつくかなど、議論が予想されるが、私学関与を認める法案となった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめのピークは小学2年生、低学年ほど注意を

552号 2021/4/15

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

【記者の眼】「黒染め強要」訴訟、判決から見える3つの問題点

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...