不登校新聞

413号 2015/7/1

かがり火 少年事件、加害者にも被害者にもさせたくない

2015年07月01日 11:48 by kito-shin



 神戸連続児童殺傷事件は、97年に兵庫県神戸市須磨区で当時14歳の少年によって起こされた。複数の児童を連続して殺害して逮捕された少年は、その後、医療少年院、更生保護施設を経て、里親家族に見守られながら自立し、社会生活をすごしてきた。

 先月、32歳になった元少年は、被害者遺族への贖罪の気持ちや里親となってくれた家族への感謝の気持ちもふまえて、このたび手記を出版したという。ただし被害者遺族の側からは遺族の感情を逆なでするものとして、抗議や出版物の回収要求が出されている。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

理事退任のご挨拶と役員人事変更のお知らせ

535号 2020/8/1

やっとでた10月25日通知 不登校の歴史vol.535

535号 2020/8/1

かがり火

535号 2020/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...