不登校新聞

413号 2015/7/1

子どもからの難問、その意味 田口ランディ

2015年06月30日 13:00 by kito-shin
2015年06月30日 13:00 by kito-shin


親は笑っていればヨシ!vol.3


 K書店の担当編集者のF君が「ぼくは中学、高校と不登校で通し、大検をとって大学に入りました」と言うので、話を聞いてみました。
「どうして学校に行かなかったの?」
 
「うちの場合、姉も不登校だったから、家にいることにあんまり抵抗がなかったんです。小学校のころからどうして学校に行かなくてはいけないのか、その理由がよくわからなくて、みんなが行くから行くっていうのがどうも釈然としなかった」
 
「でも、家にいるより学校にいるほうが楽しくない?」
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

最終回 親は笑ってればヨシ! 田口ランディ

422号 2015/11/15

田口ランディ流 怒りの対処法

421号 2015/11/1

漂流少女 田口ランディ

420号 2015/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

596号 2023/2/15

昼夜逆転もないし、部屋に閉じこもるわけでもないのに、息子は学校へ行けない――。…

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…