不登校新聞

413号 2015/7/1

子どもからの難問、その意味 田口ランディ

2015年06月30日 13:00 by kito-shin


親は笑っていればヨシ!vol.3


 K書店の担当編集者のF君が「ぼくは中学、高校と不登校で通し、大検をとって大学に入りました」と言うので、話を聞いてみました。
「どうして学校に行かなかったの?」
 
「うちの場合、姉も不登校だったから、家にいることにあんまり抵抗がなかったんです。小学校のころからどうして学校に行かなくてはいけないのか、その理由がよくわからなくて、みんなが行くから行くっていうのがどうも釈然としなかった」
 
「でも、家にいるより学校にいるほうが楽しくない?」
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

最終回 親は笑ってればヨシ! 田口ランディ

422号 2015/11/15

田口ランディ流 怒りの対処法

421号 2015/11/1

漂流少女 田口ランディ

420号 2015/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...