不登校新聞

413号 2015/7/1

ある日のメーリングリスト 本人の希望に沿って提案したのになぜ?

2015年06月30日 17:18 by kito-shin



【Q.本人が「やりたい」と言うから提案したのに、文句タラタラ】

 19歳になる娘がひきこもって4年。先日、「家に一人でいるとさびしくておかしくなりそう、外に出たい、バイトとかしたい」と言い始めました。1時間の話し合いの末、「いきなりのバイトはたいへんだ」ということで知り合いの団体にボランティアへ行くことになりました。

 ですが、昨晩から「2年も髪を切ってないから出かけられない、美容室もいろいろ聞かれるから行きたいけど行けない」と劣等感やら嫌悪感やらにさいなまれピリピリしています。

 私が「美容室に『話すのが苦手なので』と電話してみたら?」と提案すると、娘は「そんなこと言ったら絶対、ヘンな子って思われる」とピリピリ全開。取り付くシマもありません。
 
 動くと決めたら、またちがった不安が起こってるんですね。彼女の心に寄り添って、倒れないように支えたいと思うのですが、こうしたことが一つひとつストレス。みなさんのところではどうしているんでしょうか?
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「お盆休みの里帰りがしんどい」不登校の親子で乗り切るコツは

512号 2019/8/15

不登校・ひきこもりが働くために必要な前提は、ただひとつ

508号 2019/6/15

進学・就職とまわりが動き出す春、親子で焦らないための極意とは

502号 2019/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...