不登校新聞

413号 2015/7/1

ある日のメーリングリスト 本人の希望に沿って提案したのになぜ?

2015年06月30日 17:18 by kito-shin



【Q.本人が「やりたい」と言うから提案したのに、文句タラタラ】

 19歳になる娘がひきこもって4年。先日、「家に一人でいるとさびしくておかしくなりそう、外に出たい、バイトとかしたい」と言い始めました。1時間の話し合いの末、「いきなりのバイトはたいへんだ」ということで知り合いの団体にボランティアへ行くことになりました。

 ですが、昨晩から「2年も髪を切ってないから出かけられない、美容室もいろいろ聞かれるから行きたいけど行けない」と劣等感やら嫌悪感やらにさいなまれピリピリしています。

 私が「美容室に『話すのが苦手なので』と電話してみたら?」と提案すると、娘は「そんなこと言ったら絶対、ヘンな子って思われる」とピリピリ全開。取り付くシマもありません。
 
 動くと決めたら、またちがった不安が起こってるんですね。彼女の心に寄り添って、倒れないように支えたいと思うのですが、こうしたことが一つひとつストレス。みなさんのところではどうしているんでしょうか?
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校に「なんで行きたくないの」と聞くのが地雷である理由 『不登校新聞』記者コラム

474号 2018/1/15

子どもがゲームばっかりになる2つの理由をご存知ですか?【不登校新聞・記者コラム】

471号 2017/12/1

不登校からの進路選択 言えない重圧と親にできる支え

470号 2017/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...