不登校新聞

413号 2015/7/1

ひきこもり、真夏にクーラーボタンが押せない

2015年06月30日 15:40 by kito-shin


 今年も夏がやってくる。しかし、ひきこもりにとって夏はやっかいな季節。とにかく暑いので、クーラーの効いた自室で快適にすごせればいいのだが……。夏のつらさをひきこもり経験者に執筆してもらった。

 ひきこもりの夏はつらい。開放的な季節に閉鎖的である惨めさもさることながら、部屋にかぎったことでも、室温が上昇して部屋のにおいがきつくなるし、山盛りのペットボトルからコバエが沸いてくる恐怖の季節だ。
 
 それも困ったことだが、ある精神的な葛藤が当時の私にはあった。それは「エアコンをつけるかどうか」だ。
 

罪悪感からボタン押せずに

 
 エアコンをつければそれなりに快適にすごせるのはわかっているが、そのことに心理的な抵抗があった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

4月から自立すると親に告げたが あてもなくギークハウスを取材

474号 2018/1/15

不登校して毎日バトルだった母が変わったきっかけは

472号 2017/12/15

中3で再登校へ、最初の一歩が緊張したけれど

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...