不登校新聞

413号 2015/7/1

ひきこもり、真夏にクーラーボタンが押せない

2015年06月30日 15:40 by kito-shin


 今年も夏がやってくる。しかし、ひきこもりにとって夏はやっかいな季節。とにかく暑いので、クーラーの効いた自室で快適にすごせればいいのだが……。夏のつらさをひきこもり経験者に執筆してもらった。

 ひきこもりの夏はつらい。開放的な季節に閉鎖的である惨めさもさることながら、部屋にかぎったことでも、室温が上昇して部屋のにおいがきつくなるし、山盛りのペットボトルからコバエが沸いてくる恐怖の季節だ。
 
 それも困ったことだが、ある精神的な葛藤が当時の私にはあった。それは「エアコンをつけるかどうか」だ。
 

罪悪感からボタン押せずに

 
 エアコンをつければそれなりに快適にすごせるのはわかっているが、そのことに心理的な抵抗があった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

学校で習う女の子とはちがう。私が感じていた気恥ずかしさの正体

553号 2021/5/1

【世界一受けたい授業出演特集】不登校から東大、リクルートへ ありがたかった母の対応

552号 2021/4/15

小6の私の心に突き刺さったのは、担任からの思いがけない言葉

552号 2021/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...