不登校新聞

329号(2012.1.1)

新年の声「不登校文化」

2014年03月03日 12:28 by kito-shin


 『いま』は将来のためにあるんだから、自分に嘘をついたりやりたくないことをガマンするのもしかたないのさ……、と窮屈で投げやりな態度の私に「いまの積み重ねが未来につながっているのだから、瞬間瞬間を慈しんで大切にすごそうよ」と教えてくれたのは親の会や当事者のみなさんです。

 この1年はとくにそう思うことが多かったです。

 いまを大切にする、という眼差しでまわりを見渡すと、花も虫も動物も人も海もほれぼれするほど美しいのでした。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

息子の不登校を責められて 折れかけた心を救ってくれたもの

488号 2018/8/15

わが子を信じて待つ~“待つ”の意味をまちがえていませんか?

485号 2018/7/1

「不登校の理由を教えて」今でも後悔している息子への対応【特別企画・親子ともに不登校~母親編】

481号 2018/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

488号 2018/8/15

長瀬晶子さん(仮名)の次男は、小2の9月から不登校。「あまりに早すぎる」と...

487号 2018/8/1

2018年7月11日、文科省は、学校復帰のみにこだわった従来の不登校対応を...

486号 2018/7/15

僕は本当に苦しかったとき、何も言葉にすることができなかった。でも今なら音楽...