不登校新聞

327号(2011.12.1)

『震災支援』私たちにできること 第3回

2013年08月01日 14:44 by kito-shin
2013年08月01日 14:44 by kito-shin


かならず伝えていかなければならない


 6月24日~27日の4日間、宮城県石巻市に行った。
 
 5月の連休時、石巻に入った折には、立浜での泥のはき出し、漁港の瓦礫撤去などをさせていただいた。そのときにお話をうかがった漁師さんから「一日の配給がおにぎり2個のみ」というのを聞いていた。地域によって炊き出しの数もまちまちで「あまりこの地域には入っていない」とのこと。そこで6月に行った際のおもな目的は炊き出しとした。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

584号 2022/8/15

進学校で勉強が追いつかなくなり、高校1年生で不登校になった三宅勇也さん。塾の先…

583号 2022/8/1

「不登校は心のケガ」と話す不登校専門カウンセラー・阿部伸一さん。心のケガを癒し…

582号 2022/7/15

小学校1年生から中学3年生まで不登校だった中村隼人さん(21歳)。高圧的な態度…