不登校新聞

414号 2015/7/15

親子の気持ちはなぜズレる? ひきこもる小学生のキモチ

2015年07月14日 11:29 by shiko



 小学4年生で不登校をしたYさん(14歳)は当時「学校にもフリースクールにも行きたくなかった」と語る。どんな心境だったのかをうかがった。

――小4の不登校直後はどんな状況でしたか?
 まったく動けませんでした。カーテンを閉めたまま、昼も夜も寝っぱなし。布団のうえだけですごしている時期もありました。
 
 その前から学校へ行くと体調が悪くなる、夜中には咳が止まらないという状況だったんですが、運動会を機に本格的に動けなくなりました。それが小学校4年生の10月ごろです。(写真が当時の日記)
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校になった自分の過去、20代になって整理できるように

500号 2019/2/15

「パニック症かも?」と思う人に伝えたい実情  医師による対処法と体験談を紹介

500号 2019/2/15

不登校している私が望む進学先は「誰も私を知らない場所」でした

500号 2019/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

500号 2019/2/15

昨年末に不登校新聞社が開催したシンポジウム「不登校の人が一歩を踏み出す時」...

499号 2019/2/1

「教育機会確保法」の施行から今月で丸2年。この間の千葉県の動きは活発であり...

498号 2019/1/15

漫画家りゃこさんが、毎回、自身の不登校経験を漫画で解説する「私の不登校もの...